家の購入前にまずは希望条件を整理しよう

夢のマイホームを購入した後で、後悔する方もいます。後悔してしまう理由の1つが、購入前に家の希望条件を整理していなかったからです。満足度の高い家で暮らすためには、どのような環境で暮らしたいのかしっかりと整理することが大切です。では希望条件には、どのようなものがあげられるのでしょうか。

住宅の希望条件といっても、家族ごとにさまざまな種類があります。そのため家族で話し合って、どのような条件があるのか考えていきましょう。具体的な条件には、予算に関することや周辺環境、自然が周りに欲しいなどの種類があげられます。部屋数やスーパーまでの距離、子どもの学校への通いやすさなど、最初は思いつくだけ条件をあげます。無理があるかなと感じる条件でも問題ないので、最初にできる限り条件を出すことで、整理しやすい状況を整えられます。

希望条件を思いつくだけだしたら、次に優先順位を決めましょう。1位2位と細かく順位付けをしなくてもいいので、絶対に譲れない条件と、あったら嬉しいポイント、なくてもいいポイントというように分別しましょう。列挙した希望条件を整理していくことで、住宅購入においてどのような点にこだわりたいのかイメージを固めやすくなります。

また条件を決めるときに忘れてはいけないのが、家族全員の意見を反映するという点です。一緒に暮らしていても、人によって考え方や優先したいポイントは異なります。それぞれが優先順位を決めたうえで、どのような条件で購入する住宅を選びたいか考えていくのも1つの手です。

実際に住宅購入を検討している過程では、複数の候補などが浮かんでどのような選択をしたらいいのか迷ってしまうこともあります。そのようなときに希望条件の優先順位が決まっていたら、絶対に譲れないポイントからずれていないか確認し、購入後の後悔を防ぎやすくなります。判断基準となる大切な要素だからこそ、希望条件で譲れないポイントはしっかりと整理しましょう。

また優先順位を考えていくとき、どのような基準で決めたらいいのか迷ってしまう場合もあります。希望条件の優先順位で迷ったら、変更が難しいものの優先度を高くするのも1つの手です。例えば間取りなどのポイントは、購入後でもある程度はリフォームで修正できます。ですが立地や日当たりの良さ、周辺環境は、引っ越さない限り変わりません。後から変更ができないポイントの優先度を高くしておくことで、後悔の少ない家の購入へとつなげられます。

新築を建てる前に絶対に抑えておきたいポイントとは?

新築を建てる前には、絶対に押さえておくべきポイントが存在しています。そのポイントの1つとなるのが、どのような業者に家つくりを依頼するかという点です。依頼先を意識せずに選んでしまうと、イメージと異なる結果になってしまうリスクがあります。まずはどのような選択肢があるのか意識して、自分に合った新築を建てられるようにしましょう。

実際に新築を建てるために選べる依頼先は、大きく分けるとハウスメーカー・工務店・設計事務所の3つです。この中でハウスメーカーを選ぶメリットの1つが、量産が可能な規格化された住宅に強いという点です。同規格の住宅を選択することで、比較的短い期間で新築を完成させてもらえます。ただし工場生産や同規格の住宅を選ぶと、自由度が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

一方で工務店は、大工さんを束ねているところと捉えましょう。ハウスメーカーに依頼したとき、家を建てるのは大工さんになるため、中間マージンがかかるケースも見られます。ですが最初から工務店に依頼することで、中間の会社がなく価格が抑えられる可能性もあります。職人に直接依頼や相談ができるという心強さが工務店ならではの特徴です。しかし職人は調整が苦手な場合もあるので注意しましょう。

さらに設計事務所は料金が高めなこともあるものの、自由度が高い新築物件が欲しい方に適した選択肢です。相性の良い設計者を見つけることができれば、さまざまなこだわりが詰まった理想の家つくりを実現できるかもしれません。

そして新築を建てる前には、費用の問題を考えることが大切です。意識して費用の問題を考えていかないと、最初に資金計画を立てたつもりでも、引越しの費用が足りないなどの問題が出てくる可能性があります。家つくりでは、土地にかかる費用や家を建てる費用などさまざまなお金がかかります。諸費用も含めてトータルの金額をシミュレーションして、余裕を持った資金計画を心がけましょう。

お金の問題を考えるときには、住宅ローンの活用や家つくりに関する税金の問題も合わせて確認しておくことが大切です。住宅ローンでいくら借りられるのか、金利はどのくらいか、返済に何年かかるのかなどの視点からローンについて考えていく必要があります。そして家を建てた後は住宅ローン減税などの制度を利用できるので、必要な情報を集めましょう。支払う税金の負担が減らせれば、ローンも無理なく返済がしやすくなります

アイ工務店の坪単価は安い?特徴も解説

家のミニチュアと電卓

アイ工務店における坪単価は、50~60万円ほどです。平均坪単価が70万円ほどと考えた場合、アイ工務店はお得に家つくりが可能なことがわかります。また坪単価を抑えながら、自由設計を可能にしているアイ工務店ならではの特徴があります。具体的にどのような特徴があるのかチェックして、利用するかどうか考えていきましょう。

アイ工務店が選ばれている理由の1つが、1mm単位の自由設計が可能な点です。自由な設計にこだわりがあっても、細かい調整が難しいハウスメーカーも多くあります。また細かな部分まで対応が可能なハウスメーカーは、坪単価が高くなってしまうケースも見られます。しかしアイ工務店の場合は、比較的安い価格でありながら、1mm単位の対応が可能になっています。リビングやダイニング、収納などを1mm単位で調整して、自分たちにとって快適な間取りを考えましょう。

そして安いだけではなく、耐震性能が優れているというのも特徴の1つです。高い耐震性能によって、震度6~7ほどの揺れでも、最低限の補修で住み続けられます。警察署や消防署などと同じ耐震等級のため、災害時の備えという面でも安心して暮らせます。

ほかにもアイ工務店における特徴の1つに、省エネ基準があげられます。例えば屋根や壁には、クオ室ウレタンフォーム断熱を採用し、床下は高密度断熱材が使われています。ほかにも窓にも高性能断熱サッシを使うことで、気密性や断熱性の高い家つくりを実現しています。気密性や断熱性が高いことで、冷暖房費を抑え消費電力を減らす効果が期待できます。家つくりにかかる費用が安いだけではなく、その後の省エネで維持費も抑えられるという点を押さえておきましょう。

さらにアイ工務店の家つくりでは、長期優良住宅にも対応しています。長期優良住宅は、空気環境や温熱環境、構造の安全性などの項目をクリアしたものです。快適かつ安全な暮らしが期待できる長期優良住宅は、不動産所得税や住宅ローン控除などの優遇措置があります。優遇措置を受けられるという点も、アイ工務店が選ばれている特徴の1つです。

そしてアイ工務店は、安さだけではなくアフターサービスが充実しているという特徴もあります。構造躯体や防水では初期保証が10年、地盤保証は20年です。そして引き渡し後も、3カ月点検や1年点検など、10年点検までは無償で受けられます。最大で30年まで有償点検が受けられるアフターサービスが用意されています。

満足度の高いハウスメーカーランキング!理由も紹介

車と家のミニチュア

数あるハウスメーカーの中から相性の良いところを探すために、ランキングを参考にするのも1つの手です。ランキングを参考にするメリットの1つが、満足度が高いハウスメーカーの順位を調べられるという点です。ハウスメーカーごとの情報を調べても、料金やプランなどの特徴はわかっても、自分に合っている業者か判断するのは難しくなります。そこで実際に利用した方を探ることで、自分が利用したとき、同じように満足できそうか考えて選ぶことが可能です。

またランキングをチェックするときに大切なポイントとなるのが、順位だけではなく理由に注目するという点です。同じように満足度が高いハウスメーカーでも、選ばれている理由には違いがあります。その理由も含めて注目することで、自分と相性の良いところを見つけやすくなります。

では満足度が高くランキングでも上位のハウスメーカーには、どのような特徴があげられるのでしょうか。例えば満足度が高い理由の1つに、信頼性の高さがあげられます。営業担当の提案力が高く、知識が豊富な方であれば、信頼して任せやすくなります。高いお金を払って家つくりをするからこそ、信頼できるパートナーとなるハウスメーカーを見つけることが大切です。満足度の高さには、信頼できる営業マンがいるのかという点が大きなポイントになると押さえておきましょう。

また住宅性能の高さも満足度につながるポイントの1つです。長く暮らす可能性がある家つくりでは、耐震性の高さなど住宅性能にこだわりたいという方も多くいます。実際にどのような住宅性能の家を建てられるかは、ハウスメーカーごとに違いがあります。ランキングで上位になっている業者の場合、耐震性が高いなど住宅性能に優れているケースも多く見られます。

耐震性だけではなく、日々の過ごしやすさを考えて断熱性の高さが満足度につながっている場合もあります。断熱性が高い家だと、冬場でも快適な温度で過ごしやすくなります。

このように満足度の高いハウスメーカーランキングにおける理由といっても、さまざまなポイントがあげられます。実際にどのような点で評価されているのか確認したうえで、自分にとって相性の良い環境を探っていきましょう。またランキング1位のハウスメーカーという理由だけで選ぶのではなく、順位を参考にしたうえで自分と相性の良いところを探すことが大切です。自分が家つくりで特にこだわりたいポイントを整理したうえで、信頼して任せられるところを選ぶことも忘れてはいけません。

ヤマダホームズの価格は?平屋を選ぶべき理由とは?

2階建てと平屋のミニチュア

ヤマダホームズにおける坪単価は、平均で60~80万円ほどです。価格は商品ごとに違いがあるため、どのような家を建てたいのかという視点から考えていきましょう。例えば平屋を建てたい場合、ヤマダホームズにおける平均の坪単価は80万円ほどです。全体的な相場と比較すると高いと感じる方もいますが、少し高めの単価になるのには、さまざまなこだわりが詰まっているという理由があります。

また高性能の住宅を建てたいと考えている方は、大手ハウスメーカーで坪単価90万円以上のものを選ぶこともあります。90万円以上の坪単価と比較すると、ヤマダホームズは安く家を建てることが可能です。金額が安い分、機能面も低くなるというイメージを持つ方もいるでしょう。しかしヤマダホームズは、グループ企業全体の流通システムなどを活用することで、ローコストで高性能な住宅プランを実現しています。実際に優れているポイントを理解したうえで、利用するか検討していくことが大切です。

ヤマダホームズにおける家つくりでは、2階建てではなく平屋を選ぶ方も多く見られます。では平屋にすると、2階建てより生活スペースが減るので不便という印象を持つ方もいるでしょう。しかし平屋ならではのメリットがあるため、1階のみの住居を選択している場合があります。具体的にどのような特徴があるのか理解したうえで、どのような家つくりをするか考えていくことが大切です。

例えばヤマダホームズにおける平屋の特徴の1つが、設計の自由度が高いという点です。2階部分がないことで、階段や踊り場のスペースを気にすることなく設計が可能です。天窓を作るなど、天井や窓の部分にもこだわりを持って家つくりができます。天井を高くするだけで、開放感のある生活ができるかもしれません。そして2階部分がないことは、外装のメンテナンスにかかる価格が抑えられるというメリットにもつながります。

また生活動線が確保しやすいのも特徴の1つです。洗濯物を干す際に、1階の洗面所で洗濯機から洗濯物を取り出し、2階のベランダまで干しに行く場合、動線が悪いと負担が大きくなります。平屋なら洗濯物を洗って干すまでの流れが、すべて同じフロアで収まるため負担が減らせます。すべてのフロアをつなげてしまえば、ロボット掃除機を使って掃除の負担を減らすことも可能です。このような平屋ならではのメリットを考慮しながら、ヤマダホームズで理想の家つくりを実現させることもできます。